カテゴリ: かわいい

JK系 中国 ファッションに関連した画像-01


■ツイッターより



この有りそうで無さそうなデザインの制服を見て頂きたいのですが……「日本の女子高生」が大流行している中国では、ファッションのジャンルとして「JK系」というカテゴリーが確立されているんです。これらはJKブランドが販売しているオリジナル制服。こんな美少女が本当に街を歩いてるから侮れない pic.twitter.com/GRQzLGHW4t




JK系 中国 ファッションに関連した画像-02

JK系 中国 ファッションに関連した画像-03


JK系 中国 ファッションに関連した画像-04

JK系 中国 ファッションに関連した画像-05

56


空港で最も緊張感味わうのはやはりセキュリティーゲートをくぐるときでしょう。何も悪いことはしていなくとも、何か反応するんじゃないかというヒヤヒヤ感を味わうことが出来ます。もちろん、それぐらいのセキュリティの高さが犯罪を未然に防ぐ有効手段ということにはなりますが、100%防ぐことが出来ないのが残念です。


美女すぎる犯罪者
20170714113430427


こちらは、オーストラリアメルボルンの税関検査。ワンちゃんが麻薬捜査などの仕事をしており、緊張感有りますね。まるでテロが起きているかのようです。さてそんな中、警察が目を光らせ、怪しいと感じた犯罪者がおります。しかし我々の目には全くそれが犯罪者には見えず、むしろきれいなお姉さん、にしか見えないのです。それがこちらの女性。


20170714113435262


映画のワンシーンのような状況。金髪の美女、スタイルも良すぎで、犯罪者というイメージは全くありません。罪名をつけるならば、警官の注意をそらそうと男性の目を釘付けにした「公然美女罪」「業務執行妨害」「共謀罪」・・・しかし今回捕まった罪はそんな甘っちょろい内容ではないのです。

外観ではなく、彼女の服の中から驚くべき物体が出てきたのです。


20170714113526944


なんと!服の中にこんな沢山の袋を隠し持っておりました。袋はそれぞれ液体で満たされております。そして中には超貴重な「熱帯魚」が入っていたのです。ペット?いや、これは海外へ貴重な魚を極秘で輸入するいわゆる「密漁」です。

熱帯魚とは言え、1匹400万ほどするとんでもないレア種もいるので、これだけでも数百万の利益になるのでしょう。

美女すぎるとんでもない職業の女性もいれば、密猟者もいる。
人は見かけによらずとんでもない能力を隠し持っていることが改めて痛感させられますね。

わん



人間にはあまり模様という概念はないのですが、人間以外の動物には様々な模様があります。例えば貝などの模様、亀やカエルにも若干模様があります。そして同じ哺乳類である、イヌやネコは独特の個性的な模様がそれぞれあり、全く同じ模様が2つとないというのがまた神秘的ではあります。さて、こちらのワンちゃんは本当に稀な模様です。


わんちゃん


さて今話題となっているワンちゃん、こちらのワンちゃんの耳をご覧ください。一見普通のワンちゃんではりますが・・・なななんと!よく見ますと耳にもう一匹のワンちゃんがいるじゃありませんか!確かに目と鼻そして、口まで丁寧に用意されており、しかも本体のワンちゃんに若干似ているという、まるで仏像の中に小さな仏像があるのと同じような現象。

一体どれぐらいの奇跡といいますか、確率でこんなことがあるのでしょうね。この画像は海外サイトRedditに投稿されたものですが、意外なことにこのワンちゃんの表情があまりにも残念そうだというコメントがついているのです。

確かに、何か物悲しそう。
まさかこの耳の模様が気に入らないのかな、それとも写真にテレちゃっているのかな。

原因はわかりませんが、ちょっと面白い自分の模様がつくという確率は恐らく天文学的な確率なのでしょうね。


f79353b5-s

そう言えば以前、同じように自分の体の中に自分がいるという馬がいましたが
もしかしたらほかにも居るのかもしれませんね。

38



人は嫌いな動物が有ります。ヘビとか、ゴキブリとか。そう、見たことがないものや気色の悪いものが苦手だったりするわけで、それは本能的に嫌悪感を抱くのかもしれません。しかしそれはもはや致し方ないものです。本能なのだから。と言うことでこちらのワンちゃんも同じような心境なのかもしれません。本当に恐ろしそうな顔です。




-1


こちらは、ワンちゃんにハムスターを見せてみたという動画です。別にワンちゃんからすればハムスターなど、小さな存在。怖いものではないはずです。が、しかしこちらのワンちゃん、相当怖いようで、ハムスターを見るやいなや、そっぽを向いてしまいます。もはや「こっちに近づけるな」と言わんばかりの、全力拒否。こんな犬の拒否り顔あまり見たことがない・・・それほどまでにこの「ハムスター」の存在が嫌なのでしょう。

00


飼い主はこのワンちゃんに新しいお友達として連れてきたようですが、この様子だとお友達どころか、一緒に暮らすことすらままならないようですね。やはり我々人間で例えるのであれば「ゴキブリ」のような不気味な生き物なのでしょうか。


https://youtu.be/VkQRslCevd0



それにしてもそこまで嫌がらなくてもいいのでは・・・と思うのですが、嫌いなものは嫌いなのでしょうね。

↑このページのトップヘ