カテゴリ: 速報

人類 滅亡 予言に関連した画像-01


【悲報】人類滅亡は11月19日に確定! 大地震が日本列島を襲い世界は破滅する、と有識者が主張 : ユルクヤル、外国人から見た世界

人類 滅亡 予言に関連した画像-02

「2017年9月23日、惑星ニビルが地球に衝突し人類は滅亡する」
デイヴィッド・ミード氏のこの予言は世間を大きく騒がせたが、予想は大きく外れることに。

しかしミード氏ら有識者によると「地球滅亡は11月19日に延期した」のだと言う。

ここ数か月、世界各地で地震や噴火が多発しているが、地震学者や天文学者らは「これは接近する惑星ニビルの引力に起因するもの」だと主張。

日本近海を中心として、北米・ロシア・欧州に巨大地震が直撃。
文明や人類は跡形もなく消え去るようだ

地球 世界 人類 滅亡 予言に関連した画像-01


【悲報】世界滅亡のXデーが10月21日に延期される! 専門家「ニビル接近後に大地震発生…世界は終わり、7年の大混乱へ」

地球 世界 人類 滅亡 予言に関連した画像-02

天体観測家のデイヴィッド・ミード氏が、地球に災いをもたらすと信じられている惑星X「ニビル」が10月に地球に最接近すると発表

今年8月21日、アメリカ大陸を横断した皆既日食「グレート・エクリプス」を考慮、カバラ的な独自の計算で9月23日がXデーであるとし、急遽、衝突時期を修正していた

おそらく計算上のミスがあったものと思われるが、この度、ミード氏はさらに衝突時期を修正
Xデーは10月21日で確定したと明言

では、10月21日に人類は滅亡するのだろうか? ミード氏によると、そうとは限らないという

ミード氏が挙げている変化とは、キリストの再臨に伴う携挙が世界に大混乱、太陽フレアによる電子機器の故障であるが、ニビル最接近においては大地震や大津波、巨大ハリケーンの発生もあると言われている


<この記事への反応>

滅亡の延期ってなんだよ。パワーワード過ぎるわw

滅亡するする詐欺

で、次は11月に延長されるんでしょ?

ずっと閉店セールやってる服屋みたいな

何回も滅亡を回避している地球って最強だな。滅亡する気がしない。

03


マックフライポテトはマクドナルドに行けば必ず頼みたくなるサイドメニューですね。アッツアツの揚げたてサクサク・ホクホクポテトは、マクドナルドの名物と言っても過言ではないのです。あのようなポテトは何処にでも売っているのに何故マクドナルドのものは美味しく感じるのでしょうかね。さてそんな中とんでもない情報が出回っております。


ポテトの量を抑える方法
mac

海外メディアDailyMailによりますと、海外掲示板Redditに「マクドナルドのポテトを少なくする方法」を従業員が告白しているといいます。その話によりますと、ポテトを入れる際にバッグの中心部分を凹ませ、ポテトが下まで入りにくくすることでいつもより少なくすることが可能なのだといいます。

いったいこの「ポテト減らしテクニック」が何の役に立つのかは疑問ではありますが、量を抑え、ポテトをフライヤーにぶち込む回数を減らして手間を減らすとかでしょうかね。確かにポテトが通常よりも少ないなと感じる事はあります。


実際に「ポテトが少なすぎる」というボヤキはSNSで報告されております。とはいえ、あくまで「気がする」だけであり明らかに少ないといえる根拠が無いので、客としてはそのまま受け入れるしか無いのです。

※ホームページには規定のアドレスが記載されております。

ちなみにポテトの量が少ないとクレームを入れると・・・
こんな感じになります。お試しあれ。


https://youtu.be/WMXUKzBh5hs

49


いやはや、気が早いといいますかもうそんな時期なのかということにもなりますが、Amazonにて既に時期iPhoneとして発売予定のiPhone8の関連グッズが売られ始めております。しかし現時点ではAppleからのiPhone8のスペックはおろか、発売するという話もまだないわけです。とんでもないフライングですが、もうスペックは確定したということなのでしょうか。


関連グッズが続々

39


さて売られているものは「iPhone8」のケースやフィルムと言った周辺グッズです。ケースは毎回この時期になると発売され始め、公式からの発表前に何故か販売されるという謎の現象が起きて、その後オフィシャルでスペックが発表されます。この時期、つまり9月の発表会前にこの手の流れが起きるというのはある意味、いつもの「お約束」といった流れでも有りまして、新しいiPhoneが発売される為のある意味「前哨戦」のようなものです。

さて本当にこの形状のiPhone8が登場するのか、それともまさかの全く発表なしなのか、気になるところではありますが、ここまで情報が流出している時点で、もはや「御察し」といったところではないでしょうか。

そして既にアンボックスしちゃった人も・・・。

scorpion-freestyle-list-photo-u1


地球上で最も過酷な環境を選ぶとしたら砂漠かもしれません。太陽が照り続け、水がほとんど存在しない砂漠。そんな砂漠でたくましく生きる動物たちを紹介したいと思います。彼らの砂漠を生き抜く術は過酷そのもの。極力水分を体内から逃がさないために排泄を抑え、動物や植物からも効率的に水分を得られるように進化しました。


fennec-freestyle-list-photo-u1

こちらのかわいいキツネの特徴は何といってもこの大きな耳です。地中にいる虫の居場所を突き止める他、太陽の熱を分散する役割があると考えられています。

このトカゲの能力は恐るべきものがあります。

thorny-devil-freestyle-list-photo-u1

なんと空気中の水分を吸収して体に取り込むというのです。効率よく水分をキャッチできるよう顔の形が進化しました。

森に生息しているイメージが強いフクロウですが砂漠にもその生息域を広げているようです。


ferruginous-pygmy-owl-freestyle-list-photo-u1

彼らが巣を作るのはなんとサボテン!チクチクしないのでしょうか?

このでっぷりとしたトカゲは実は毒を持っています。


gila-monster-freestyle-list-photo-u1

尻尾に蓄えた脂肪で何カ月も生き延びることができます。

こぼれ落ちそうな丸い目。折れてしまいそうな程細い体が特徴です。


jerboa-freestyle-list-photo-u1

守ってあげたい衝動にかられますが、このネズミ実は時速16マイルで走ることができるそうです。

以上、砂漠を生きる動物たちを紹介しました。

↑このページのトップヘ