クリックすると新しいウィンドウで開きます


人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で

 

暮らすようになったおじいさん

 

そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、

 

孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。

 

その手紙が毎日届くようになってから数ヶ月ほど立った後、

 

急に手紙がこなくなった。

 

今やその手紙が毎日の楽しみになっていたおじいさんは、

 

どうした事かと心配になった。

 

山奥から街に出てきて孫の家を訪ねると、なんと孫は何者かに殺されていた。

 

おじいさんは酷く悲しんで、絶対に犯人を捕まえてやろうと思った。

 

いや、もう犯人は解ってる。犯人は奴しかいない…

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日毎日手紙が届くようだが、

おじいさんの住んでいる場所は

『遠く離れた車も通らないような山奥』

 

果たしてどのくらいの時間をかけて、

郵便配達をしていたのだろうか…

 

人嫌いなのでおじいさんは誰かと会っているわけでもないはず。

 

しかし、

『もう犯人は解ってる。犯人は奴しかいない…』

と言っている。

 

ということは、犯人に目星がついているということ。

 

おそらく犯人は手紙を配達しているもの、

「郵便配達員」だと思っているのだろう。

 

毎日毎日山奥まで行って手紙を届けるのが

億劫になってしまったため孫を殺した。

 

しかし…山奥まで行くのが面倒、というのであれば、

このおじいさんを殺せばよかったのではないだろうか?

 

おじいさんが山奥にいることで、

孫以外からも手紙が届くかもしれない。

 

しかも、山奥で人嫌いなので殺されていたとしても

気づく人はなかなかいないのではないだろうか?

 

おじいさんの家に行く人がいなすぎて、

郵便配達員が疑われるのかもしれないが、

おそらく街など山奥よりは人が多いであろう場所に住んでいた

孫に比べれば足はつきづらいように思う。

 

にも、関わらずおじいさんではなく孫が殺された。

 

ということは、もしかしたらおじいさんが犯人だと思っている相手は

間違っているのかもしれない。

 

これからおじいさんは復讐を企みそうであるが、

復讐の相手を間違えてしまったら…。

また、新たな悲劇が生まれそうである。