2016年07月

image











さんま「不満がないから行かない」選挙投票率は、低くて大丈夫!? - ニコニコニュース

image












【 記事の詳細 】

7月25日に放送された『痛快!明石家電視台』(MBSテレビ系)に、お笑いタレントの明石家さんま(61)が出演。選挙の低い投票率や社会の現状について、ロザンの宇治原史規(40)、菅広文(39)に持論を語る場面が見られた。

番組中、菅が 「どうやったら投票率が上がると思いますか?」と、さんまに質問を投げかけた。

さんまは「これまじめに答えていいの?」と確認し、 「だから日本が平和すぎるだけのことやから。これがもっと乱れれば政治に関心持ちますよ」 と、平和だからこそ投票率が低いとコメント。

さらに「日本はすごいねんて。こんな平和な素晴らしい国はない。このままキープしていただければ、ものすごい日本人は助かる」と、自身も現状に不満がないことを明かした。

これに菅が 「この投票率ぐらいが、ちょうどよいということですか?」 と確認すると、 「みんなも分かってるねんて、今の日本でええって」 とコメント。
宇治原が 「選挙に行ってまで、変えたいとも思ってない」 と補足すると、「思わない。みんな若い子も賢いから、分かってんねんて」と続けた。

さらに菅が 「若者の投票率が上がらないと、政治家も若者に対して政策を出さないじゃないですか」 と、投票率の低さが抱える問題を指摘したのだが、
さんまは 「だから不満がないから行かないんでしょ、若者がもっと不満ぶつける国にしたらええのか?」 と、逆に疑問を投げかけ、投票率が低いということは必ずしも悪いことではないと主張していた。

image











失敗が意外に多いのに…作られ続けるゲームの映画化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00044580-crankinn-movi

image








記事によると

・ゲームの映画化は、思うより難しい。それはもはや常識になっているにも関わらず、ハリウッドでは、まだまだゲームにもとづく映画の企画が立てられている。それはなぜだろうか。

・10月に日本公開となる『アングリー・バード』は、全世界で30億ダウンロードされたアプリのゲームを長編アニメ映画にしたもの。6月には、やはりゲームにもとづく『ウォークラフト』が世界公開された。また、最近は、今年オスカー主演女優賞を受賞したばかりのアリシア・ヴィキャンデル主演で『トゥームレイダー』がリメイクされることが発表されている。アプリゲーム「ポケモンGO」の爆発的ヒットで最注目された『ポケモン』も、中国資本のレジェンダリー・エンタテインメントが映画化権を獲得し、ハリウッド実写版の製作が決まった。

・それでもゲームの映画化作品が作られ続ける理由のひとつは、知名度があること。もうひとつには、それによってゲームの利用者が増えたり、関連商品が売れたりすることが期待できるからだ。『アングリー・バード』も、配給はソニーだが、製作費はゲーム会社が100%出資している。映画の影響でどれほどダウンロードが増えたのかはわからないが、人気のピークを過ぎていたゲームにまた注目してもらうきっかけになったのは、間違いない。

image











韓国製キムチからO103 県内14店舗販売、回収命令
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0730/8p.html

image








記事によると

・下関保健所は、山口県下関市長府扇町の卸売業「和田又」が韓国から輸入した白菜キムチの一部から食中毒を引き起こす腸管出血性大腸菌O103が検出されたとして商品の回収を命じた。現時点で健康被害の届け出はないという。

・回収対象品は賞味期限が9月17日の白菜キムチ468キロ。同社は商品の回収を進めているが、宇部、山陽小野田、下関、山口の4市のスーパー計14店舗で「韓国キムチ(400g)」74個が販売済みとなっていることから、口にしないよう注意を呼び掛けている

・O103は動物の腸管内などに生息する細菌で感染力が強く、血便や腹痛、発熱などを引き起こす。潜伏時間は平均6~72時間で、重症化すると死に至る場合もあるという。

・商品は韓国の工場で製造され、船便で冷蔵輸入されたもの。担当者は「原因などは今後調査していく。再発防止などの対策が取れるまでキムチ関連商品の販売は自粛したい」と話している


回収対象のキムチ

image

image











子どものためのイベント開催中に“クマのプーさん”そっくりの雲が出現
http://news.livedoor.com/article/detail/11819613/

image











記事によると

・英国南部のドーセット州で、子どものためのイベントが開催される中、青空に「クマのプーさん」にそっくりの雲が出現し、参加者たちを驚かせた。

・英国の複数のニュースメディアによれば、その雲は心臓病の子どもを支援する英国の慈善団体「Children’s Heart Surgery Fund」が開催したイベントの最中に現れたとのこと。

・英国メディアは「just like magic(魔法のようだ)」、「exactly like a very relaxed Winnie the Pooh(リラックスしたプーさんに瓜二つ)」と評している。

image











イチロー 147キロのレーザービーム!25歳走者感嘆「これはまずいと…」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

image












マーリンズのイチロー外野手(42)が29日(日本時間30日)のカージナルス戦で見事なレーザービームを見せた。

メジャー通算3000安打まであと2本としていたイチローは、この試合に「3番・左翼」で先発出場。残念ながらヒットは出なかったが、矢のような送球で地元ファンを沸かせた。

4回、3―1とリードのカージナルスはウォンの三塁打で1死三塁と好機。ここでガルシアの左飛で三走・ウォンが本塁へのタッチアップを試みたが、 42歳の肩が25歳の足に勝った。 メジャーリーグの計測システム「スタットキャスト」によると、イチローのこの送球は時速147・4キロを示し、72・8メートルを旅したとのこと。

本塁でタッチアウトとなったウォンはイチローの衰えぬ肩にあらためて感嘆。 「彼が強肩なのはみんな知っているだろ。打球がレフトに飛んだ瞬間、これはまずいなと思ったよ。頭を下げて全力疾走したけれど、やっぱりアウトにされてしまったね」 と試合後に語っていた。


↑このページのトップヘ