image











国で最も利用者の多いポータルサイト「ネイバー」の国語辞典で、今年最も多く検索された新造語は日本生まれの言葉「ツンデレ」だったことが分かった

これについて、韓国のネットユーザーは
「ツンデレは新造語ではなく外来語」
「日本語が1位?なんか複雑」
「日本を嫌いなふりして、実は大好きなことがバレバレ。まさにツンデレ」
「頼むから、もっと韓国語を使ってくれ」
「国会議員が公式の場でコスプレという日本語を使う国らしい結果」
「日本から来た言葉だからといって否定してはいけない。ツンデレは韓国語では表現できないのだから。自業自得だ」

などのコメントを寄せている



【記載元】
http://www.recordchina.co.jp/a159112.html