ふなっしー テレビ 出演 ラジオに関連した画像-01


ふなっしー、TV出演が激減した理由を告白「TV関係者をブロックした」 - ライブドアニュース 

ふなっしー テレビ 出演 ラジオに関連した画像-02

<記事によると>

ご当地キャラクターふなっしーが19日、日本テレビの深夜番組『暇人ラヂオ』に出演し、最近の活動について語った。


--以前ほど見なくなりましたよね。(テレビは)制限されているんですか


ふなっしー
「体力的に厳しくなって…テレビ関係者をしばらくブロックしていた」
「ご当地キャラとして誕生したのに、海に沈められたり爆破されたりといったぞんざいな扱いに疑問を感じていた」


現在は、企業や自治体の公式イベントへの出演がメインで、ふなっしーいわく「(イベントの)ギャラはテレビの約5倍は貰える」とのことで、今後もテレビには積極的に出演するつもりはないという。

bandicam 2017-11-23 13-03-46-940


■ツイッターより

マツコ有吉、マスコミに苦言を呈す。
いや本当その通り。
出演させてやってんだぞっていう態度許されんの昭和までだぞいい加減にしろ。



えっあの博多駅前陥没事件であの映像撮った人、総計150万賞金としてもらってたんか.....少なくない??
あんなに各局擦っといて何??
ていうか、菓子折りすら持ってってないって何だよ。マジで報道側の「お前をテレビに出してやるよ、だからお前もそれ以上は望むなよ」態度やめろよ。


かりそめ天国今週もキレッキレですわ〜〜ニュース番組に使われる視聴者提供動画、画像の無償提供に対するマツコ&有吉のお言葉










マツコ&有吉 かりそめ天国|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

bandicam 2017-11-23 13-00-32-893bandicam 2017-11-23 13-00-43-084bandicam 2017-11-23 13-00-55-468bandicam 2017-11-23 13-01-03-706bandicam 2017-11-23 13-01-13-972bandicam 2017-11-23 13-01-52-280bandicam 2017-11-23 13-02-14-770bandicam 2017-11-23 13-02-26-369bandicam 2017-11-23 13-02-33-895bandicam 2017-11-23 13-02-46-867bandicam 2017-11-23 13-03-08-456bandicam 2017-11-23 13-03-39-259

VA-11 Hall-A ヴァルハラ 2064:ROM 日本 サイバーパンク 同人誌 ファンアートに関連した画像-01


日本を愛する海外のオタクたちは「サイバーパンク」に惹かれ出会った。『VA-11 Hall-A』×『2064: Read Only Memories』開発者対談 | AUTOMATON

VA-11 Hall-A ヴァルハラ 2064:ROM 日本 サイバーパンク 同人誌 ファンアートに関連した画像-02

<以下要約>

11月16日に『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』の日本語版がPSVitaとPCで発売され

11月22日に『2064: Read Only Memories』の日本語版がPS4とPCで発売された。

この両タイトルは奇しくも海外のゲーム開発者が「サイバーパンク」をテーマとしたADVだ。

『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』は近未来のバーでカクテルを提供する。

『2064: Read Only Memories』は近未来のサンフランシスコを冒険するゲームだ。

『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』
VA-11 Hall-A ヴァルハラ 2064:ROM 日本 サイバーパンク 同人誌 ファンアートに関連した画像-03

『2064: Read Only Memories』
VA-11 Hall-A ヴァルハラ 2064:ROM 日本 サイバーパンク 同人誌 ファンアートに関連した画像-04

どちらも日本の多くの作品から影響を受けたゲームで、日本愛に溢れた開発者たちの対談が行われた。

<対談中略>

JJ 『2064:ROM』のディレクター

Matt 『2064:ROM』のクリエイター

Christopher 『VA-11 Hall-A』のリードアーティスト

Fernando 『VA-11 Hall-A』ライティングとプログラム


――早速ですが、みなさんの作品はどういうサイバーパンク作品に影響されましたか。映画やゲーム、色々あると思いますが。

JJ:
とても多くのサイバーパンク作品に影響された。1980年代のアニメやマンガにも影響を受けている。ゲームの開発中に特に読みふけったのは浦沢直樹の「Pluto」。鉄腕アトムをベースにしていて、とてもよかった。ほかには「バブルガムクライシス」、「メガゾーン23」、ロボットカーニバルなど。1985年から1992年までの作品に強く影響を受けた。

Matt:
俺の場合は1995年から2000年代までのゲームが特に影響を受けた。たとえば『スナッチャー』『ライズ・オブ・ザ・ドラゴン』『ファイナルファンタジーVII』、『デジモン』もデジタル世界を探索するサイバーパンクだと思う。パラレルユニバースっていうのかな。未来を探索するものは好きだけど、ディストピアンなものがとても好きなわけではない。希望的なものの方が好きだ。

Christopher:
サイバーパンクは大好きだけど、特に傾倒していたのは押井守。「攻殻機動隊」を代表に小さな頃からずっと彼の作品を見ていたしね。彼の作品は、ゲームの雰囲気を作りに影響している。彼の作品の世界観は静かで内省的で、かつ巨大。彼のサイバーパンクはいわゆるジャンルのそれとは少し違うものかもしれないが、それも彼のスタイル。僕らがゲームにおいてなしとげたいものもそれに近い。「攻殻機動隊」がもっとも強く『VA-11 Hall-A』の雰囲気作りに強く影響を与えた作品だと思う。

Fernando:
影響を受けたものとしては、すでに出ているタイトルだけど、「攻殻機動隊」「バブルガムクライシス」。それと『真・女神転生』もサイバーパンクだけど、神を中心にさまざまな要素を融合していてクールだよね。もっともゲームを作る上で影響を受けたのは「勇者王ガオガイガー」かな。トランスヒューマンの宇宙飛行士が主人公の作品だ。サイボーグとして、人間としてどう生きるのかが描かれる。人間じゃないけど人間であろうとするところにサイバーパンクの要素を感じる。

JJ:
ああ、彼が話し終わった後に俺も『真・女神転生』について語ろうと思っていたんだけど。特に『真・女神転生IV』は、サイバーパンクで、だけど少し暗くて、とてもスマートだ。『真・女神転生』シリーズがアメリカでもっと人気があればいいんだけど。

<中略>

――最後に日本のユーザー向けにメッセージをお願いします。

Matt:
今まで見たことのない別の世界に入るようなゲームを探しているなら、俺らのゲームを遊んでもらえれば、とてもユニークな経験ができるし、サイバーパンクの新しい見方を見つけられると思う。俺らのゲームも彼らのゲームもほんとにユニークで、今まで決して出会ったことのないキャラクターに会えると思うし、彼らを好きになると思うし、シナリオにも満足できると思う。

JJ:
もし俺らのゲームを遊んで満足したなら、マジでファンアートを作って欲しい。本当にお願いしたい。もっともっとファンアートを見たいんだ。

Christopher:
日本で発売するにあたって、僕からお願いすることはひとつ!エロ同人誌を作ってくれ!

コミケで僕らの作品のエロ同人を見たいんだ!


Matt:
おいおい、面白そうな話だな。どっちが先にエロ同人を作ってもらえるか勝負だ。

一同:
(笑)

↑このページのトップヘ